どうやらこれは遊びらしいぞ

【第2回 中国語授業】発音はできているつもりになってしまうので要注意

f:id:KEN_IKEHA:20190806155449j:plain

こんにちは、ケン・イケハです。
 
今回は、中国人妻から受ける中国語授業の第二回目です。

 

 

第二課の授業内容

会話

第二課の内容は「挨拶(2)」です。
 
このような言葉を勉強しました。

你 早 nǐ zǎo(おはよう)

你 身体 好 吗? nǐ shēntǐ hǎo ma(お変わりありませんか?) 

谢谢 xièxiè(ありがとう)

再见 zàijiàn(さようなら)

 

他のテキストでは、「おはよう」というあいさつで「早上好  zǎoshang hǎo」がよくでてきます。

 

ですが、これは目上の方に使用する言葉なので、ふだんはあまり使わないようです。

 

友達や家族など親しい間柄であれば、朝のあいさつは「早!  zǎo!」というのが一般的ということでした。
 

発音と声調

第二課ではそり舌音が登場します。

これらの似た音を分けて発音するのは、日本人にはなかなか難しいものです。

 

「h」がついている言葉がそり舌音です。 

 

「j」と「zh」
「q」と「ch」
「x」と「sh」

 

【例】 杂技(Zájì) 杂志(zázhì)

 

厳密には違うかもしれませんが、日本語で簡単に説明すると、「じ」「ち」「し」という音を二種類に分けるようなものです。

 

そして、発音だけでなく、声調の違いの練習もあります。

これがまた、難しい。。。

 

【例】布告(Bùgào) 不高(Bù gāo)

 

日本語であらわすと、どっちも「ブーガオ」なんですけど、四声の使い分けで意味が変わります。

 

発音や声調が合っているかどうかは、CDを聞いても自分では気づかないらしいので、中国語ネイティブに聞いてもらいながら練習することがおすすめです。 
 

習った言葉を試してみる

第二課で習った内容を使ってみようと、授業の後で、さっそく息子に声をかけました。

 

 

私「你身体好吗?」(調子はどう?)

 

息子「?・・・・・・我很好」(とてもいいよ)

 

私「パパにも聞いてみて」

  

息子「你身体好吗?」(あなたの調子は?)

 

私「不好!」(よくない!)

 

息子「为什么?」(どうして?)

 

私「我困了!」(眠いのです)

 

息子「・・・」

 

 

なかなかうまく話せたとどや顔をしていると、息子がぼそりとつぶやきました。

 

「発音が全然きれいじゃないね」

 

ひどい!

 

正直すぎる!

 

発音も完璧だと思っていたのに、やっぱり発音のおかしさは自分ではわからないものですね。

 

心無いだめだしは気にせず、こつこつと中国語の勉強を続けていきたいと思います。

 


ということで、今回の記事は以上になります。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。